「競技プログラミング」の記事について

作成日:2017.09.01

カテゴリー:サイトについて

理念

「問題を解くまでの道のり」を「なめらか」に示す

 解説の多くは解法の正当性を示すのみであり、考察の過程は示されていないように感じる。 そこで本サイトでは、(自身の学習を兼ねて)考察の過程を記す際に「最短距離」ではなく回り道を含んだ「道のり」を行間に隔たりがなく「なめらか」になるように示すことに注意した。 扱う問題は基本的にはAtCoderのAGCとARC、TopcoderのSRMである。

対象

 ある程度問題は解けるが考察が苦手な人。 レートの色的にはブルーコーダーからイエローコーダーくらいであろうか。

最後に

 上記理念にそぐわない記事については「お問い合わせ」等で指摘していただけたら幸いである。

広告


<(古い記事)

カテゴリー「サイトについて」

(新しい記事)>

<(古い記事)

全体

二つの封筒 (新しい記事)>

自己紹介

プログラミングとかUTAUとかドット絵とか
詳しくはこちら
twitter

プライバシーポリシー

個人情報利用についてはこちら

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせはこちら

ブログMENU

カテゴリー

全体MENU

広告