人生は長すぎる

作成日:2017.11.09

カテゴリー:短編

 若い頃には長生きすることに憧れもあった。 しかし平均寿命が延びていくにつれ、終わりが来ないことに恐怖を感じるようになった。 自らの手で終わらせることもできたのかもしれないが、そんな勇気はなかった。
 年をとる。一方で平均寿命は延びる。このいたちごっこは永遠に続くように思われた。 しかし後者の方が遅かった。 余命は確実に短くなっていき、人生の終わりがようやく訪れる。 若い頃の自分なら不思議に思うのだろうが、この事実に対して安堵感がわいてきた。 心の中で人生は長すぎたとつぶやきながら、静かに目を閉じた。


 ゆっくり目を開ける。そして深く溜め息をつく。 ここは死という概念がなくなった世界。 終わりのないことから生じる味気無さを紛らわすために、人々は終わりのある人生を体験する装置に向かい続ける。 自分も例外ではない。 心の中で人生は長すぎると叫びながら、再び装置に向かった。

広告


<(古い記事)

関連

死す者と死せぬ者 (新しい記事)>

<(古い記事) 二つの封筒

カテゴリー「短編」

視点変更 (新しい記事)>

<(古い記事) 二つの封筒

全体

競プロ休止に至った理由 (新しい記事)>

自己紹介

プログラミングとかUTAUとかドット絵とか
詳しくはこちら
twitter

プライバシーポリシー

個人情報利用についてはこちら

お問い合わせ

このページに関するお問い合わせはこちら

ブログMENU

カテゴリー

全体MENU

広告